酒精雑記

飲む日も飲まない日も

勝負勘

久しぶりに初回から最終回まで中日の試合をTV観戦した。

試合開始早々、箱庭神宮ならではの肝の冷える2飛球をくらうも初回を三凡で乗り切った勝野は、課題の立ち上がりを何とか克服し、以後不安定ながらも6回まで無失点。それほど球が切れていないのに無安打というおまけがついたのは、正直「負のフラグ」としか思えなかった。そして案の定初安打を許した直後に代打川端による数年ぶりのHRで2点を失う結果となった。記録が途絶えた潮目で谷元という切り札を切って打たれたなら諦めもつくというところである。ここが今日の勝負の最初の勘所であった。

直後の代打福田のソロで望外の反撃の狼煙があがった後、フリースインガーと聞いていたシン加藤が内角低めを完全に見切って華麗に出塁し(ちなみに今日の加藤翔平はバントも素晴らしかった)、3番周平のライト前で1・3塁となった。ここで代走は出てこず周平が塁上に留まった。高松を使って早いカウントから2盗を決めるという手はなかったのだろうか。走らせないとしても、2盗が気になる状況であれば、その後のビシエドのライナーにショートの手が届かなかった可能性は高い。ここが勝負所2つ目でのボタンの掛け違いとなった。

そして1点差で迎えた最終回。下位打線に回る9回に足で1点をもぎ取るために高松を温存したのなら、回の頭の井領のところで選球眼の鬼である福留を投入し、フォアボールで出塁したら代走高松が盗塁を仕掛け、桂・代打溝脇・大島という流れで攻勢をかけて最低同点まで持ち込むというのがセオリーであろう。2アウトをとって調子を上げたマクガフにとって代打福留はさして怖くなかったはず。ここが3つ目の掛け違い。

福留を頭から投入できなかったのは、山下降格により捕手2人制となったことで、山下も使えなければ今のチームで3番目に良い打者であるキノタクも使えないという、福田・福留に次ぐ3枚目の代打長距離砲不在の影響が大きかったように思う。経験を積ませるために根尾を帯同させつづけるなら8回・9回のどこかで使うべきだが、使える状態にないことは明らかだ。ファームで選球眼に新境地を示している伊藤康祐と入れ替えていれば、井領のところで福留を温存しながらシン・コウスケを投入し、一皮剥けた粘っこい打席を見られたのではないかと思うと残念。用兵準備という点で実は試合開始前の時点から1つ余分な掛け違いがあったのではないか。

狭い神宮で両投手がピリッとしないなりにロースコアで進行するという目の離せない展開であったがゆえに、こうした勝負の勘所のアヤを感じるゲームとなった。それはそれで見応えがあったが、最後を勝ちという結果で締められなかったのは何ともなあという気分が残った。

このところ野手の起用では与田監督の打つ手が当たりまくっていただけに、今日の中日ベンチの采配の淡白さが何とも目立つ1日であった。

ビシエドの調子が下がり気味となるととたんに元気がなくなるのが今の中日である。前半戦の残り約20試合を何とか乗り切るためにも、ファームも含めて好調の選手を上手にやりくりするという柔軟さを見せて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

伊藤康祐にそろそろ出番を

開幕2ヶ月で借金は一時7まで膨らみ、転落地獄の釜の蓋をひらきかけたが、何とか踏みとどまり、あと一息で5割が見えてくるところまで戻ってきた。昨年も同時期に借金9まで落ち込み、いよいよ崩落というところを松葉と岡野による不思議の好投で救われたが、今年は打つべき人が打つようになり、相応の実力を発揮しはじめた感が強い。

先発陣では梅津が力を発揮しそびれているが、福谷も調子を上げてきており、勝野も随分と自信を付けたようで、先日の大野は移動疲れであるとすれば、柳・小笠原を軸とした柱5本は相変わらずしっかりしている。6本目も梅津に立ち直りが見られなければファームで岡野がしっかりと爪を研いでいる。ライマル不在の救援陣もカットボールに新境地を開いた又吉がセーブを重ね、橋本・近藤廉といったニューフェイスも独特の切れ味を発揮している。何とも頼もしい限りだ。

昨日は柳の無双の投球がすべての試合展開ではあったが、初回簡単に2番・3番で先制できたことは柳を随分と楽にしたと思う。2番三ツ俣は井端が乗り移ったかような大活躍が続いているが、先日の2番滝野のはまり具合といい、首脳陣による思い切りのよい野手起用が結果を残しているのは心強い(初のファーム落ちの京田の心中は穏やかでなかろうが、この機会に自分はこのタイプの打者として生きるというコースを自分で決めてもらいたい)。

2ヶ月我慢し続けたからこそふるえる鉈もあるということだろうが、首脳陣の野手起用にもう一回り柔軟性があれば・・・という思いは実は今も残っている。根尾は好不調の波がまだまだあるようで、このところは谷底を進みつづけている。キレキレの選球眼で今年突然に台頭した伊藤康祐をそろそろ上げてみてもよいのではないか。守備で貢献度の高い根尾を下げにくければ、滝野との入れ替えでもよい。ドラ5で4年目の彼にしてみれば今年は相当に崖っぷちであり、だからこそ打席で粘ることに意識を全振りするという賭けに出たのであろう。そこで成果を上げた以上は今が旬であり、昨年の石垣のようなことにならないよう、そろそろ一度試しに使ってみてほしい。

まだまだ保守的な運用が目立つ首脳陣ではあるが、山下を支配下にしてすぐ1軍に上げたのはいつになく大胆な英断であった。金がないなりに打つべき手を打ったのであるから、今日明日あたり、肩に力の入らない場面で上手に代打で使ってやってほしいと思う。

第一四半期の成績

今日までに36試合を終えた中日は、14勝18敗4分で首位阪神に9ゲーム差の4位。シーズン1/4を消化して借金は4。DeNAほどの決定的破綻は免れているものの、今季の現実的目標はヤクルト広島を押しのけて3位に入り、CSでまさかの下剋上を狙うというところにならざるを得ないか。

投手陣は大野雄の離脱が痛いが、ここまでは先発陣が期待以上の力を発揮しており、6枚目にもロドリゲス・岡野・松葉らが控えている。救援陣も昨年無双の活躍を見せた福と祖父江に綻びは見られるものの、又吉、ヒロシ、橋本らの進化のおかげで絶対的守護神ライマルまで繋ぐことができる層の厚さを示している。

下位低迷の原因はとにもかくにも長打力の欠落であり、平田の不調やアリマルの脱落といった個々の選手の要素はあれども、結局のところは大卒スラッガータイプの上位指名を怠ってきた編成のツケであろう。

若手野手にとっては台頭の大チャンスであったが、石川昂と石垣がともに怪我で機会を掴み損ねてしまった。根尾がミニキャンプで息を吹き返し、どうやらこれで1軍選手としての目鼻が付きつつあるのは唯一の朗報で、あと2-3カードは8番左翼で様子を見るとして、なお調子が維持できるようであれば遊撃に入れて外野の育成枠が新たに1枠できあがるところまで視野に入ってくる。石垣はセカンドの練習を始めているし、これで石川昂がレフトに入れるなら、かなり打線の見栄えが違ってくるのだが、交流戦明けころまではこうした昇格もなかなか難しいところであろう。

現実には当面大きな入れ替えをしないままで行くとしても、ラミレス張りの思い切った打順変更は与田監督には期待できないのであろうか。例えばこんな感じ。

中 大島

一 ビシエド

捕 木下

三 周平

二 阿部

左 福田

遊 京田

右 根尾

P

とにかくビシエド頼みの打線であるからして、2番最強打者のコンセプトの下でOPSの高い4人を上位に集め、5番6番クラッチヒッターを並べた上で、7番から大島に回るところまではスモールベースボールにも対応できるメンバーとする。このくらいのテコ入れをしてみてもよいと思うのだが。

ちなみに下では土田が打撃面でも急激な成長ぶりを示しており、今の投手陣がピークを維持できている1-2年の間には、こんな打線が見られることを期待したい。

中 岡林

右 根尾

三 石川昂

一 ビシエド

二 周平

捕 石橋

左 石垣

遊 土田

代走 高松

代打 山下

6本柱のポテンシャル

多忙でブログを書く気分になれない間に巨人に3タテを喰らうなど、借金は一旦5まで膨らんだ。DeNA戦で2つ返したもののなお3つ負け越しという低空飛行が続いている。

この間先発陣は獅子奮迅の活躍が続いており、大野・柳・小笠原は開幕前に期待していた姿を見せている。2軍落ちは必至と見られていた勝野がノーヒットノーランを期待させるほどの快投ぶりを示した。乱調気味であった福谷も昨日は8回無失点でようやく本領を発揮しつつある。そして次期エース格たる梅津が昇格に向けて万全の調整を続けている。

6本柱がいずれも相手打線を圧倒するポテンシャルを十分に示しているというチームもなかなかないはず。ライマルの戦列参入で後も万全だ。どん底の続く打線がほんの少しでも上向けば、あとは連勝街道まっしぐらとなるはずだ。

ビシエドの戦列復帰と入れ替わる形でアリマルがコンディション不良となるなど、打撃面では祟られた状態が続いているが、ようやくレギュラー陣にも少しずつ当たりが出てきており、今日からファームでガーバーや石川昂も先発出場を果たしている。この後は上がり目しかないはずで、何とか4月中の残り7戦で5割近いところまで戻しておきたい。

本日のヤクルト先発はかの奥川であるが、彼も5回がやっこらせの投球が続いている。いつか本領を発揮しはじめたら到底手がつけられなくなるだろうが、狭い神宮でいきなり今日から無双の投球を始めるとも思えない。本日の中日打線が、ガツンとプロの厳しさを示す結果となることを期待している。

転がり込んだ7点がなかったら

今日で14試合とシーズンのほぼ10%を消化した。セ5球団と一通り当たって5勝6敗3分の4位。防御率2.40は阪神とならんで12球団トップという投手陣の充実振りに比べ、得点36は12球団最下位という極端な投高打低の構図となった。

しかも中日の打点は14試合でわずか29点。今日現在の12球団の得点・打点の状況は末尾にまとめてみた。得点と打点の差7は中日がダントツのトップである。「不思議の勝ち」が多かったという印象が残ったのも当然の数字である。9回打ち切り制と望外の棚ぼた7点がなければ、DeNAと最下位を争っていたことは確実であろう。

見た目以上に打線の不振は深刻である。今日のヤクルト第2戦では、京田を外して三ツ俣を先発させ、木下拓を繰り上げて6番で起用するという手が当たった。首脳陣も手をこまねいているだけではないのだが、平田・阿部・根尾あたりのバットの湿り具合を埋めようにも、石垣・石川昂が怪我で離脱していては、福田で何とかビシエドの穴を埋めるので精一杯である。両翼にアリマルと福留を投入するという「ファイヤー」フォーメーションという禁じ手も頭をかすめるが、44歳をレギュラー戦力としなければならないという何とも情けない話でもある。

あらためてレギュラー陣&若手の奮起に期待したいところだ。

 

2021/04/11現在

   得 打 差

阪神 65 63 2

広島 47 46 1

巨人 49 45 4

中日 36 29 7

ヤク 53 51 2

横浜 54 51 3

 

楽天 68 66 2

福岡 58 57 1

西武 56 54 2

千葉 73 70 3

檻牛 42 40 2

日公 41 39 2

 

#中日ドラゴンズ #プロ野球

棚ぼたを拾う力

勝野が前回とは生まれ変わったような投球をみせることはなく、投手にも四球を出すようなグズグズの展開であったが、何とか5回をゼロで凌ぎ、何とチーム先発初白星を挙げた。

最初の根尾の打席でのファンタジアな2得点は、とにもかくにも低めを空振りせずになんとか当てたところがカギであったが、3塁宮崎の悪送球もさることながら、2塁牧のバックアップが遅れたようにも見えた。こんな隙だらけの相手から望外の2点を拾っても勝野に変化はなかったのは残念。

この試合中日唯一のタイムリーも、打撃開眼とは感じさせない根尾のコースヒットであった。ただゴロ安打であったからこそ、2塁ランナー木下雄の鈍足を補って余るほどの時間が生まれたのもまた事実。丁度ここで勝野がお役御免(代打滝野君、バント練習しとけよな)という区切りの良さが、その後の藤嶋から始まる継投のテンポの良さを生み出した。

まさに運は竜にあり、の1日であった。

新人解説者吉見一起も語るように、リリーフ陣は12球団随一である。すでに何度か棚ぼたを拾えているのも、後ろが盤石であるからこそであり、これはこれでチーム力と言えるのであろう。こうして不思議の勝ちを拾いつつ5割ラインにしがみついている間に、打線の復調(あるいは再整備)を待つことができるとよいのだが、さて。

昨日は水曜にして勝ちパ5人衆を投入した分、今日の松葉の後が心配だ。幸い金曜は休養日。今日も先発が粘った後の大量動員作戦で、借金ゼロ生活を目指したい。松葉を上手に使うという意味でも、3巡目で引っ張りすぎないよう、ベンチからは見切り千両な采配を見せて欲しいところだ。

ところで、生き残りのかかった根尾がこのところ見せているしぶとさは、世間から期待されている役割とは違うものの、これはこれで1つの個性であろうか。右へ引っ張った打球が全く見られていないところに大きな課題が感じられるが、何とか先発出場を続けられていれば、課題克服の経験を得ることはできる。天運が味方してくれている間に、何とか一皮剥けてほしい。

 

今宮か、あるいは英智か

週頭のDeNA戦で満を持しての大エース登板もグラスラ被弾で撃沈をくらった。後ろもピリッとせず、シン・ヒロシもルーキー牧にHRを献上で初失点。打線は4連打で壊れかけた試合を何とか立て直すかと思われたが、平田が続けず、8回は阿部の併殺打。チャンスの女神の前髪は一筋垂れ下がっていたはずだが、どうにもつかみそこねての3連敗となった。

石垣昇格の観測は全くのデマとなった上、ファーム戦出場で負傷退場という最悪の結果となってしまった。タマスタ不帯同は単にライマルの練習相手というだけであったか。好調時に上で使われない星回りが目立つのは何とも不憫である。お祓いでもしてもらってはとすら思えてしまう。

下では福田が調子を上げてきているので、そろそろ上で使いたい。となると根尾は近日中には、ベンチスタートで終盤の代走→左翼守備という役回りになりそうだ。昨夜の根尾による補殺は、ここしかないというコースにズバリというパーフェクトなものであった。その後もランナーに本塁突入を自制させるという抑止力が働いた場面もあり、根尾の左翼守備の魅力には目を見張るものがある。一部にはかつて強肩好守で鳴らした英智になぞらえる報道も見られるほどの充実振りであるが、打の面では内野安打1つだけと淋しい状態が続いている。4球団競合ドラ1の完成形が英智ではなんとも残念であるからして、SB今宮のように育ってもらいたいところだが、であれば思い切ってファームで打の調整の時間を持つ方が急がば回れで近道のような気もする。なまじ誰よりも外野守れているだけに、そうした扱いにするには未練が残るのは何とも罪作りな話だ。首脳陣としても頭の痛いところであろう。

理想はこのまま守備を武器に1軍に帯同し続けつつ、少ないチャンスをきっちりものにして、打力をアピールすることである。あるいは根尾8番を我慢できるよう、レギュラー陣が打棒を爆発させてくれれば何の問題もないのだが、そちらの方が期待薄であろうか。うう。

梅津昇格ももう少し様子見ということのようで、今日は勝野が先発する。頭を大野で落としているだけに胃の痛い試合が予想されるが、ローテ2軍落ち候補1番手のポジションから脱出するだけではなく、連敗ストッパー&先発陣初勝利という添え書き付きの勝ち星を、是非とも今夜挙げてほしいところだ。

来るか?レフト石垣

広島・巨人・阪神と今季下馬評の高い3チームとの対戦が一巡した。9戦3勝4敗2分けで借金1。9人の先発の誰にも勝ち星が付かない中であり、調子が上がらないなりに何とか凌いだというところであろうか。柳と小笠原は復調の兆しがあり、大野と合わせて柱3本は目途が立った。福谷は辛抱しているうちになんとかなるだろう。松葉はやはり使い方に一工夫は必要だが、2巡まではなんとかなるという力は見せた。救援陣は福だけが乗り遅れてしまったようだが、ライマル抜きでこの充実振りは凄い。特定の投手に負荷が集中しない工夫を首脳陣がこらしていることもよくわかるので、運用面でも大きな問題はなさそうだ。そう、問題は打線である。

各停ドラゴンズ(©青柳)の汚名を返上するには、HRの怖さを持つ打者を並べる必要がある。タマスタに帯同しなかった石垣が明日昇格する可能性は高いはず。このところ外野守備はほとんど練習していないと思われるが、入れるならレフト7番というあたりか。DeNA先発の大貫と昨年相性が良かったのは大島・阿部・キノタクあたりであるから、

大島 阿部 周平 ビシエド 平田 木下拓 石垣 京田 大野雄

という並びではどうだろうか。和製浅村の名に恥じぬよう、考え過ぎずに豪快な振りを見せてほしい。

根尾は速球を引っ張ることができないという課題が克服できていないうちは、なかなか出場機会には恵まれないかもしれない。DeNA・ヤクルトと対戦が一巡するまでは1軍に帯同するとして、その間に何かを掴んだ感じとならないようであれば、三好あたりと交代しての2軍落ちもやむを得ないであろう。オープン戦で見せてきた崖っぷちに来てのしぶとさを発揮してもらいたいところだ。

#中日ドラゴンズ

不思議の勝ちか必然か

オープン戦の出来からすれば、冒頭から炎上した勝野がそれでも何とか1回を投げきって戻ってきたこと自体が収穫ではあるものの、その時点で今日は負けの日、どれだけ打たれようと勝野にある程度投げさせた後に藤嶋ロングリリーフで第3戦に備えるべしと考えたことを、すぐさま恥じることになった。開幕前に謎の頭部負傷でケチのついた井納の乱調に救われた不思議の勝ちではあったが、打線の繋がりとリリーフ陣の仕上がりの良さがもたらした必然の白星でもあった。

2回以降の4奪三振は勝野の持ち味を発揮した結果であり、何とか5回までと思ったが、無駄な四球で降板となったのは残念であった。降ろした与田監督が勝野の背中を叩きながら掛けた声はどのようなものであったのだろう。汚名返上の機会がもう1度あるなら、一度死んだ身、開き直って胸のすくような快投を見せて欲しい。

投手代わりばなの甘い初球を打ち損じずに振り抜いて、同期入団勝野を救った根尾の勝ち越し打には、大不振の中でも自分を鼓舞できるメンタルの強さが反映されていた。初のヒロインではファン目線を意識した丁寧なコメントに終始したが、このところ不調だったので、とか、この一打でなんとかこれまでの分を取り戻したかった、とか、そんな発言が全くみられなかったのは、後を向かずに攻めの気持ちを前に出すことを強く意識してのことであろう。実績はついてきていないが、それでも世代の先頭を走り続けるという気概を持ち続ける図々しさがあるうちは大丈夫だ。今日の展開で2本目が出ないところに彼の苦悩があるはずで、まだまだ今後も一線級の好調投手には手が出ない場面が続くであろうが、首脳陣が辛抱の甲斐があると思える程度にはギリギリのところで踏みとどまった。今日もまた勝負の日が続く。

開幕をあえて外して週頭の火曜に完投型の大エースを配置したのは、週の前半ではリリーフ陣を極力温存したいという狙いがあったはずだが、今週はその目論見が外れた上、その翌日にはブルペン大総力戦となってしまった。回跨ぎもこなしたヒロシの新境地には目をみはるものがあり、3年ぶりの勝利を挙げてのヒロインでは、明日も準備を怠らないと宣言したものの、まだシーズンは序盤である。現実的には今日のヒロシは休養日であろう。今週後半に今季の目玉チームである阪神戦を控えていることもあり、今日も投手のやりくりはなかなか厳しそうだ。

巨人打線の好調ぶりからすると、松葉が試合を壊さずに3巡目あたりまで抑えてくれれば上出来で、後は橋本・岡田できっちり2イニングもたせることが必須となる。今から胃が痛くなりそうだが、相手もローテの谷間である。左腕高橋優の成績をみる限り制球に難があるはずで、早打ちせずに粘ることができるかどうかがカギになるはず。

開幕2カードを五分で切り抜けることが確定しているのは幸いだが、優勝を目指すからにはここで1つ上乗せできるチームでなくてはならぬ。昨日のゲームからもチームとしての成熟が実感されたので、今日の一戦でもしぶとさとしたたかさをみせてほしい。

 

細部に宿すには

Vドーム開幕初戦は坂本の一打で負けを覚悟したが、平田目覚めのタイムリーで追いついての引き分けで終わった。勝ち越し直後の大野雄の被弾は残念だったが、今年もエースの活躍を十分期待できることがわかっただけでも、収穫のある一戦ではあった。

焦点は7回裏である。先頭木下の出塁時、すでに大野は100球を超えており代打は必然という流れであった。延長なき今季であるからして、8回からバッテリーごと交代するという策も十分あり得たところである。この場面、代走高松を出し、盗塁後の根尾のバントで三進したところで代打福留の外野フライでも1点、という戦術はなかったか。8回表のウィーラー出塁→代走増田盗塁直後の坂本タイムリーを見るにつけ、中日が先に動くべきであったとの思いはつきない。当然ながら、この要所でバントを決めきられなかった根尾は猛省を要する。神は細部に宿るのだ。これを宿す準備が足りなかったといわれても仕方なかろう。

8回裏の浅い左飛での滝野憤死は明らかに3塁ベースコーチの責任であるが、次打席の根尾の不調をことさらに意識させてしまう結果となった点でも二重の悪手であった。

負けのなくなった9回は、バント失敗の根尾にかえて岡林、さらに次の9番は石橋の使いどころではなかったか(根尾としても懲罰なく打席に立ち続けるのもかえってつらかろう、などと余計な心配をしてしまう)。

巨人に見られた脇の甘さを突くことができたのはチームの成熟と言えるが、中日のベンチワークにも同様の甘さがまだ見受けられる。豪打爆発といったチームカラーではないのであるから、せめて通好みの心憎さが感じられるようになることを期待したい。