酒精雑記

飲む日も飲まない日も

『海も暮れきる』

2月5日 ヱビス350×1

2月6日 休肝

2月7日 ヱビス350×1

2月8日 ヱビス350×2、赤ワイン×3

2月9日 ヱビス350×1

2月10日 生ビール×2、紹興酒1.5合、スパークリングワイン1/2杯、白ワイン×2

2月11日 ヱビス350×1、日本酒1.5合

2月12日 休肝

2月13日 ヱビス350×1

2月14日 ヱビス350×1、赤ワイン×2

一応週1ペースでは休肝日が入っているのでよしとしよう。

数日前に、吉村昭の手による尾崎放哉の最晩年を記録した小説を読み終えた。流れ流れて小豆島に人を頼り、移住して8ヶ月後に結核増悪で亡くなるまでの壮絶な最晩年の日々が、残された書簡の数々を中心とした裏付けに沿って描写されている。

放哉と言えば、とにもかくにも「咳をしても一人」である。句の印象から、世俗を避けて静かな孤独の日々を送る俳人と思い込んでいたが、アルコール中毒で周囲に散々迷惑を掛けながら、俗にまみれた手紙を出しまくっては無心を繰り返していた経緯を知り、枯淡の味わいと勝手に誤解していたこの代表句の業の深さをも知ることとなった。放哉の我が儘に振り回されながらも、その晩年を看取った小豆島の関係者の情の深さがこの小説の救いであり、読みどころであろう。

作者である吉村にも、青年期に結核で死線をさまよった経験があり、放哉の人生にはことのほかの思い入れがあったことが、あとがきに記されている。すでに世を去った吉村の人生の終わり方を知ってこのあとがきを読むと、最後の行為の決断は、おぼろげではあるとしても既に若き日のうちに下されていたのだろうと、つい考えてしまう。

紅白戦

2月1日の酒量 ヱビス350×1、赤ワイン×3

2月2日の酒量 生ビール×1、白ワイン×1、赤ワイン×1

2月3日の酒量 休肝

2月4日の酒量 休肝

昨日の昼食先にてスマホで紅白戦を観戦していると、店のお兄さんから、今年はもう紅白戦なんですねと声を掛けられた。youtubeの中継で1.2万人視聴中と表示されているのを見ても、野球観戦が好きな人は多いのだなとあらためて実感した。

根尾の初打席は柳の内角低めのストレートで見送り三振だったが、最後の球は、あそこに決まったら仕方ないよねという、柳会心の投球であった。むしろその前のファウルファウルで散々粘ったところに、昨年再三見られたクルリンパなスイングからの成長が感じられた。第2打席は低めのスライダーをきれいに引っ張ったが、今季相当に首の涼しい石川駿の好守に阻まれた。あえなくアウトとなったものの、これも内容のある良い打席だったと思う。悲観論も漂っているようだが、キャンプ中にも頭角を現すのではないかと密かに期待している。

荒川道場最後の弟子を自認していた渡辺勝は、ついに今季は王貞治張りのフォームを捨てる決断を下したようだが、新しいフォームで振り出されたバットからは、ライトスタンドに大きな一発が放り込まれた。あの飛距離ならナゴドでも多分入るであろう。状態はかなりよさそうだ。外野を守れる若手としては、石垣・根尾・岡林らといった有望株がぞくぞくと出てきているので、他の外野陣はうっかりすると埋没してしまいそうなこのキャンプだが、渡辺がその冒頭で強烈にアピールできたのは何よりだ。このまま食らいついて、何とか1軍代打・代走要員枠には滑り込んでほしい。

 

石川昂のスイング

キャンプ初日の石川昂のフリーバッティングをネットで観ることができるとは思わなかった。イレブンスポーツありがとう。他の選手と比較しても、打席でのタイミングの取り方にきちんと型があるということがよく分かる。カメラが1台なので打球の行方がわからないところもあったが、力感なくコンパクトに振り抜いたバットから放たれた打球は、何度も左翼柵を軽く越えていった。まさに圧巻の一言である。これは本当に楽しみだ。

 

追伸

ニュースによれば57スイングで15本の柵越えだったとか。バットにボールを乗せるのが上手いとは思っていたが、想像を上回る凄い選手だ。

球春到来

1月28日の酒量 生ビール×1、ひれ酒×3、ハイボール×2

1月29日の酒量 ヱビス350×1

1月30日の酒量 ヱビス350×1

1月31日の酒量 スパークリング×1、赤ワイン×1、小麦系クラフトビール×1、サングリア×1

まだ土日はあるものの、どうやら今週は休肝日を入れ損ねてしまったようだ。

さて今日から12球団キャンプイン。いよいよ球春到来である。

自主トレ期間中は、期待の石橋・石垣に関する情報がほとんどなく、怪我での出遅れがかなり深刻なのかもと心配しているが、根尾は充実したオフを過ごせたようであるし、髙松も体が一回り大きくなったようで、今年は彼らの飛躍の1年になることを確信して良さそうだ。

石川昂はフリーバッティングで規格外の飛距離を見せつけたようで、早速各メディアが(ちょっと盛り気味の内容で)期待を煽っている。根尾よりも完成度が高いことは間違いないが、松井秀喜でさえ、ルーキーイヤーの前半はファームでしっかり鍛えてからの昇格であったことを考えても、周平の轍を踏まないように慌てず騒がず大事に育てて欲しいところだ。

怪我のアルモンテとインフルの大野奨以外の主力は、特に怪我もなく順調なキャンプインとなったようなので、この先怪我人がなければ開幕スタメンに大きなサプライズはない可能性が高い。

全く気は早いが、与田監督が組むであろうラインナップを予想するとこんな感じか。

大島8 京田6 周平5 ビシエド3 福田(シエラ)7 平田9 阿部4 加藤2 大野雄1

 

でも、現実的範囲内での個人的な願望としては、次のようなチームが見たい。

平田9 大島8 ビシエド3 周平5 福田(シエラ)7 阿部4 京田6 加藤2 大野雄1

 

超絶妄想バージョンならこんな感じで。

根尾8 平田9 ビシエド3 周平4 福田7 石川5 京田6 郡司2  梅津1

 

とにもかくにも、使いたい選手が余ってしまうくらいのチーム状態となるように、各選手が順調にキャンプをこなしてほしいものだ。

 

『R.S.ヴィラセニョール』

1月21日の酒量 ヱビス350×1

1月22日の酒量 休肝

1月23日の酒量 生ビール×3

1月24日の酒量 生ビール×1、白ワイン1.5杯、赤ワイン1.5杯

1月25日の酒量 生ビール×1、日本酒2合

1月26日の酒量 ビール中瓶×1、日本酒1合、赤ワイン×1.5杯

1月27日の酒量 ヱビス350×1

宴会・懇親会が集中した1週間であった。

仕事がたてこんで息が抜けなかったが、昨夜は早々に切り上げて帰宅し、乙川優三郎の標記の長編の読み残し部分を最後まで読み切った。他作同様に千葉は御宿海岸の風土をベースとしつつ、外国にルーツを持つ日本人の生き方という現代的テーマに壮絶なフィリピンの現代史を織り込んだ意欲作。草木染めモノということで佐伯一麦の一連の作品のような枯れた味わいの小説なのかと想像したがさにあらず。中間色に逃げる現代日本人の感性鈍麻への批判が、ユニクロの黒や紺やグレーを制服のように着続ける我が身に何かと刺さり、たまには色の入ったものを着てみようかという気分となった。

本作は、現代日本のホテルのロビーという至極落ち着いた場において、主人公の父とその一族の来歴を叔父が主人公に明かすシーンが圧感である。調べてみると、エンバーミングされて博物館で公開されていたマルコスの遺体は、本作の出版の少し前には英雄墓地に埋葬されたとのこと。かのイメルダ夫人や当時のラモス参謀長らもなお存命と知ると、本作のテーマは未だ歴史ではなく現代そのものなのだということを、あらためて思い知らされた。

 

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』

1月17日の酒量 ヱビス350×1

1月18日の酒量 生ビール3杯、日本酒2合

1月19日の酒量 ヱビス350×1

1月20日の酒量 プレミアムモルツ香るエール350×1、ヱビス350×1

高木守道が亡くなった。初めて買ってもらったバットには彼のサインがプリントされていたという縁があり、特別な存在だっただけに何とも残念である。10.8や第2次政権での謎采配にファン心理をかき乱され続けたのも、もはや懐かしい思い出だ。心より冥福をお祈り申し上げる。

さて、江國香織山本周五郎賞受賞の短編集を読み終えた。枠に収まらない様々な年代の女性が主人公で、それぞれの屈託が個性的に描かれていて(共感はしにくいが)面白かった。作家が30代後半の作であるためか、屈託の内実を見ても何とも瑞々しいものが多いところも興味深い。

 

『愛なんて嘘』

1月14日の酒量 ヱビス350×1

1月15日の酒量 ヱビス350×1/2、白ハーフボトル×1/2、日本酒半合

1月16日の酒量 ヱビス350×1

白石一文の短編集を読み終えた。静かに人知れず壊れた男や女が、平穏な日常から不穏な選択を軽やかに決断するところまでが描かれた作品が多い。その先を具体的に想像すると並の人ならまともに生きていけないだろうと思うのだが、いずれもある種超然とした人物とされているので、案外さらりと切り替えてしまえるのかもしれぬとも感じる。うらやましいような、うらやましくないような。

『第一阿房列車』

1月2日の酒量 ヱビス350×1、赤ワイングラス×2

1月3日の酒量 生ビール×2、ハイボール×2、赤ワイン×2

1月4日の酒量 シャンパン×2、ビール350×2、ハイボール×3

1月5日の酒量 赤ワイン2/3本、ジンソーダ×1、冷酒1/2合

1月6日の酒量 休肝

1月7日の酒量 休肝

1月8日の酒量 休肝

1月9日の酒量 ヱビス350×1

1月10日の酒量 休肝

1月11日の酒量 シャンパンロゼ×3、赤ワイン×2

1月12日の酒量 ヱビス350×1

1月13日の酒量 ヱビス350×1

 

先週仕事始め直後から風邪で体調を崩し、当然ながら休肝日も続く。こうやって見ると飲み過ぎて体調を崩したかのように見えるがさにあらず。たまたまの感染症である。

ずいぶん仕事に穴を開けてしまったが、先週末になってようやく本でも読むかという気持ちが戻ってきて、年初から読み出した内田百閒先生の元祖乗り鉄珍道中記を読み終えた。なぜ御殿場線国府津から沼津という中途半端な構成になっているのかという理由(丹那トンネル開通前はこっちが本線だった)等々、昭和20年代の鉄道と風物を缶詰にして保存したような情報の詰まり具合であった。

知らずに読み始めたが、森見登美彦の文体の源流がここにあるというのも、最初の1編ですぐに気がついた。同行した平山氏のぬぼっとした存在感がなければ、偏屈じいさんのいけすかない独白というだけの書籍となってしまったことだろう。彼の師匠に対する敬愛の気持ちとその労苦に乾杯。

 

『サーチ』

PC画面上で展開される一人娘の捜索劇をAmazonFire10で視聴。選択したデバイスがたまたま正しかったことに最初の10分ほどで気がついた。

イデアは秀逸であるし、社会面の事件にまつわるSNSで起きがちな出来事もシニカルな視点からテンポ良くはめ込まれているところは良いのだが、PC画面縛りに合わせるために無理をした場面がいくつかあることは否めない。また、1人で捜査しているわけではないのだから、そこまで内輪の目くらましができるはずもなく、オチをそこに持って行くにはいろいろな局面をご都合主義で説明することが必要になってしまうところがちょっと残念だが、メッセンジャーのやりとりが逆方向になって終わるエンディングは悪くないかも。

 

『火口のふたり』

2012年秋に発表された白石一文の一作を読む。柄本明の息子の兄貴の方が主演で映画化もされているようだが、原作の主人公のイメージは、もう少し年上で鋭さも欠けた優柔な男ということのようだ。この作品にも手酷い裏切りをする女性が登場するが、『かけがえのない人へ』のみはるよりは飲み込みやすい理由が伴っている。

立派な昨日を残すために今を犠牲にすることの意味を理解したにも関わらず、未来が失われてしまえば今の刹那を生きるしかない。そんな局面に追い込まれた男女を描いたこの小説の舞台は2014年初頭という設定なので、発表時には超近接未来小説として描かれた作品を、ほぼ6年通り過ぎた時点から振り返って読んだということになる。近すぎる未来を題材とすれば古びるのもまた早いのだが、作品発表時から数えて今日までおおむね8年(サッカーW杯ならすでに2回分だ)が経過はしたとはいえ、このころに筆者が世に問おうとしていた切実な絶望感が、さしたる根拠もなくすでに社会からきれいに失われつつあることについて愕然とさせられる。そんな正しく効果的な読後感が残るとは、むしろ作者自身すら想像していなかったのではないか。